<<みんなの転職体験談上手くいった!と思う転職とその理由【女性編ver2】を掲載します>>

20代(女)兵庫県在住 | 転職職種>> 保育士→学校事務

"転職理由を一言で: やりたかった仕事に就けた

転職後の年収変化は?: 下がった

保育士の仕事は小さい頃の夢だったのですが、サービス残業は多く、保護者対応も大変、体力的にも厳しくなってきたので、興味のあった事務職に就きたいと思い転職を試みました。パソコンスキルはワード、エクセル、パワーポイントを少しできる程度だったので、自分でパソコンの本を購入し、勉強し資格も取得しました。事務職の中でも教育関係のものに絞っていたので、なかなか結果が出せなかったのですが、保育士を辞めて2か月後に学校事務の仕事に就くことができました。仕事内容は通信制の学校の事務でしたのでオープンキャンパスでの対応やレポートの管理、講師の先生への電話連絡、実習先への挨拶、電話連絡、スクーリングの準備、学生への対応などでした。周りの事務の方がとても優しく丁寧に仕事を教えてくださって初めての事務職の仕事でしたが、スムーズに行うことができました。勤務時間も残業はあるのですが、1時間くらいで仕事後に用事がある時は残業せずに帰れることも多かったので転職して良かったです。"

30代(女)宮城県在住 | 転職職種>> 経理→ホテルフロント

"転職理由を一言で: デスクワークが合わなかった。

転職後の年収変化は?: 何ともいえない

元々経理の仕事をしていましたが、デスクワークが自分に合っていなかったようで退職し、求人募集で見つけたホテルフロントの仕事へ転職しました。
英語が得意なので、英語を生かせる職業なのと、たくさんのお客様と会話できる所が仕事をする上でとても楽しくやりがいを感じています。人間関係も良く、転職してから仕事に行くことがとても楽しくなりました。
基本的に立ち仕事なので、仕事が終わると足がパンパンになり辛いこともありますが、休日や福利厚生もしっかりしていてとても仕事がしやすく気に入っています。
常連のお客様から顔を覚えてもらって声を掛けられた時はすごく嬉しくて、転職して良かったと思いました。転職はタイミングも必用ですが、今の仕事に不満があるならば考えて見ても良いかもしれません。

30代(女)千葉県在住 | 転職職種>> 歯科衛生士 ⇒ NPO職員

"転職理由を一言で: やりたい仕事への挑戦

転職後の年収変化は?: 下がった

結婚前に住んでいた他県で、転職に成功しました。
歯科衛生士として働いていましたが、学生の頃から音楽に関わる仕事がしたいという憧れがありました。個人医院に勤めていた為辞めるタイミングが非常に難しかったのですが、ちょっとした出来事が起きた時に、今だ!と思って退職しました。
いざ再就職活動をし始めましたが、衛生士としての社会人経験しかなく、他業種への転職はかなり厳しいものがありました。10社ほど採用試験に落ち、途方にくれていた頃。知人からアルバイトに声をかけてもらいました。仕事とは別に、ボランティアで音楽イベントの手伝いをしていたことがきっかけでした。
アルバイトは3か月程度しか期間がなかったものの、懸命に取り組みました。したらば、約1年後に新規事業を立ち上げるので、正職員として働いてほしいと依頼され、なんとか転職することが叶いました。就職先は音楽専門の仕事ではありませんでしたが、業務内容の2割ほどはライブなどの仕事に携われたので、充実したワークライフを送れました。
頑張っていると、どこかで見てくれている人がいるものだなぁと実感しました。

20代(女)神奈川県在住 | 転職職種>> 保育士 ⇒ 保育士

"転職理由を一言で: 人間関係

転職後の年収変化は?: 上がった

私はもともと子どもとかかわる仕事をしたいと思っていたため、理想の職に就くことができました。
しかし、仕事自体は楽しかったのですが、人間関係で悩んでいたのです。
上司と意見や性格が全く合わず、とてもストレスでした。
それだけならまだしも、上司は、私の意見を完全否定してきたのです。
良いところだけ案として受け入れてくれることもなく、どこが悪いのかの説明もなしに、否定してきたのです。
立場上、従うしかありませんでした。
私の仕事へのモチベーションは下がりきってしまいました。
そこで、もっと全ての職員の意見や人柄を尊重してくれる職場で働きたかったのです。
そうしたところ、転職は大成功で、自分の言いたいことをしっかり言える人間関係の職場で働くことができるようになりました。
モチベーションももちろん戻り、楽しい毎日を送っています。"

20代(女)北海道在住 | 転職職種>> 美容師→着付師

"転職理由を一言で: 手荒れのため

転職後の年収変化は?: 何ともいえない

私は美容学校へ通い美容師免許を取得後卒業し、美容室へ就職しました。小さな頃から夢見ていた職業だったので、毎日の仕事が本当に楽しくて、ずっとこの世界で働いていきたいと思っていました。が、アシスタントはやはり、とにかくシャンプーを大量にし、薬剤の片付けなどもあり、どんどんと手荒れが悪化していました。皮膚科へ通っていましたが、少しずつ強い薬になっていき、それでもなかなか治らずに指はボコボコ、指の関節は常に割れている状態で、ついにドクターストップがかかるようになってしまいました。その頃には日常生活もままならない状態になっていたので、泣く泣く美容室を退職し、それでもずっと夢見ていた世界だったので、職種は違えど美容業界に残りたいと思い、着付け師の道へ進みました。美容学校で着付け師の免許も取っていましたので、そちらの道もとても楽しく仕事ができました。もともと美容師だったので、簡単なヘアセットやメイクもこなせるので、重宝すると言われ、ホテルやブライダルでも使っていただけています。美容師としての道は諦めましたが、今では着付け師の仕事に誇りをもっています。"

30代(女)栃木県在住 | 転職職種>> 保険会社事務→営業事務

"転職理由を一言で: 海外に暮らす夢を諦めきれなかったので

転職後の年収変化は?: 上がった

海外移住の夢を諦めきれなくて、今しかタイミングはないと思ったのが25歳のときでした。
帰国後は27歳。転職するにも最後のチャンスかなと思っていました。実際帰ってきて、1年間の臨時職員をしながら就職活動しましたが、もっと早く決まると思っていたものが
全然決まらず、満期いっぱいの1年間かかりました。
1年の間にハローワークだけでは決まらないので、3社ほど人材派遣会社に登録し並行して活動しました。正社員を希望でしたので紹介予定派遣の制度を利用しました。
この制度のおかげで無事就職できました。
半年間の派遣後双方の合意後正社員になれるのですが、もし合わない場合にはその間も活動し、断ることも出来るので決して不利にはなりません。
実際働いてみると、思うところはありましたが、他の転職先はすぐに見つからない現状と仕事の内容自体は自分に合っていたので、正社員になりました。
ラッキーだったことに、今まで社員を募集したことがほとんどなく、10年ぶりくらいの雇用だったせいか、基本給が一般の事務職より高かったです。
また、直属の上司に認められたことにより、昇級UPの交渉も成功しました。
総じて、今まで働いて来た中では一番給料も上がり、転職としてはうまくいった本当にラッキーなパターンだと思います。
働く人との相性は大切です。"

30代(女)秋田県在住 | 転職職種>> 営業事務⇒イベント企画営業

"転職理由を一言で: 前職が自分に合わなかった

転職後の年収変化は?: 上がった

前職は営業事務で、ずっと室内で働いている環境でした。仕事を淡々とこなしていくような職場にいて、自分から動いて発信したいという希望があり、転職を決意しました。
会社を辞めてからの就職活動だったので、求職期間は半年ほどありました。その間、様々な業種の営業、企画などに応募しましたがなかなか決まりませんでした。そんな時に、短期のアルバイトを募集していた会社がありました。自分にはスキルが足りないと思っていたので、アルバイトをしながらスキルを身に付けようと応募しました。
アルバイト期間でイラストレーターやWEB製作、企画書の書き方、営業スキルなどたくさんのことを働きながら学びました。その時様々な業種の方と仕事をしましたが、そこで知り合いになったイベント会社の方に誘ってもらって再就職することができました。
最初から希望する業種、会社を目指すのではなく、遠回りでしたがスキルも身に付いて再就職もでき、両得でした。"

30代(女)青森県在住 | 転職職種>> 損保事務→貿易事務

"転職理由を一言で: スキルUP

転職後の年収変化は?: 上がった

私は、韓国を勉強しています。現地に渡り、留学もしたほどです。将来的には翻訳や通訳をしたいと考えていました。その第一歩として、韓国の方や、韓国語を使った仕事がしたいと考えていました。「韓国語」で求人を探す中、今回の転職先を見つけました。貿易の事については全くの無知識でしたので、ダメでもともとの気持ちで応募し、合格。転職となりました。韓国人の社長のもと、海産物を韓国に輸出する仕事ですので、電話やメール、韓国語や韓国人に関わる機会も増え、良い転職となりました。また、社長と二人きりの小さな会社ですので、最初は社長とウマが合うか不安でしたが、社長が不在の時は一人で自由時間を過ごす事ができます。仕事がない時には、韓国語の勉強をしても良いと許可してくれるので、とてもノビノビ仕事をしています。貿易なんてわからない。とチャレンジする前から諦めなくて本当に良かったと思います。"

30代(女)大阪府在住 | 転職職種>> 経理事務⇒経理事務

"転職理由を一言で: 年収、休日などの待遇面

転職後の年収変化は?: 上がった

とにかく以前に働いていた会社は待遇が非常に悪かったのです。今時週休一日ですし、祝祭日も出勤、そして残業はいくらしてもサービス残業でした。なぜそんなに働かせるのかと思っていたら、ほとんどの人が仕事の効率が非常に悪いのです。そして必ず会社のやり方で業務遂行しなくてはならないので、改善点をいくら伝えても聞き入れてもらえず、待遇もよくならない。そして友人の会社で経理を募集していたので転職したのです。会社の規模は圧倒的に小さくなりましたが、中小企業ならではですが直接会社の改善点などの交渉を社長や専務などの役員に出来るのです。なので決断が早いです。自分の勤務待遇、給料なども全て自分で交渉して納得出来るか、また納得出来なければ説得も出来ます。業務内容は当然責任も重くなりますが、当然遣り甲斐も段違いにあります。30代だったので早めの転職をして良かったです。"

30代(女)大阪府大阪市在住 | 転職職種>> エステティシャン→アパレル

"転職理由を一言で: 無駄なサービス残業

転職後の年収変化は?: 下がった

転職する前はエステティシャンでした。もともと美意識が高く、手先の器用さには自信もあったしマッサージにも興味があったので、それプラス綺麗になれる知識が学べたらと思い就職したのですが、実際は、日曜もテレアポの為に休日出勤をし、休みが月に4日しかなかったり、毎日朝の10時半から夜の11時まで働き、サービス残業当たり前。お客様と話したりマッサージをするのは楽しかったけど、相応ではない給料の少なさに、心身ともに疲れて辞めました。でもお客様と話すのが楽しかったので、接客業のアパレルに転職しました。販売は未経験だったし知識もなかったので、最初は覚えるのも何もかも必死でした。でもちゃんと休みはあるし、人間関係にも恵まれたので、給料は減りましたが毎日充実しています。"