<<みんなの転職体験談興味深い転職体験談を掲載します>>

40代(女性)茨城在住 | 転職職種>> 研究職 ⇒ 研究職

"転職理由を一言で: 研究開発の方針の違い、待遇、人間関係

転職後の年収変化は?: 上がった

転職前は、新規の感染症の診断方法の研究開発をしていました。その方針について、チームのボスと意見が合わない(というよりも、私の意見などきいてくれない)ことが主な原因です。私が最初に数カ月で結果を出した後、(勝手に)他の企業との共同研究で商品化をすすめ、なおかつその方針が、商品化にほど遠い方針でした。より現実的な方針を提案してもききいてれもらえず、さらに、その共同研究先の企業が結果を出す必要があったのですが、何か月たっても結果を出せませんでした。なおかつ、私だけが非常勤の有期雇用で、結果(研究論文など)を出さないと、いつ任期終了となるか分からないのに、商品化も論文発表も難しい状況だったので、転職しました。(私以外の、結果を出せない判断力のない人たちは、全員正社員や常勤でした。)"

30代(女性)大阪府大阪府在住 | 転職職種>> 広告代理店事務→水泳インストラクター

"転職理由を一言で: 昔習っていたプールからのスカウトで。

転職後の年収変化は?: 上がった

仕事がら、座りっぱなしでPCとにらめっこして毎日時間に追われる生活ばかりしていたので、とても不健康で不規則な生活をしていました。少しでも体を動かそうと昔習っていたプールに泳ぎに行くようになり、体力作りもできたし、心地よい疲れから良い睡眠をとれるようになりました。ところが、仕事がどんどん忙しくなり泳ぎに行くこともなかなかできなくなってきたときに、お世話になっていたコーチにここで働いてみないかと声をかけていただき、転職しました。女子コーチは私だけでしたが、その分周りにすごく頼られて自分の価値を見出すことができ、子供や成人会員さんがどんどん泳げるようになっていくのが楽しくなり、またどのようにすれば上達するかなど自主的に考えたりすることが、前職よりもすごくやりがいを感じ、人と接しているこの職が合っていると感じてこの転職は成功だと感じました。また、お給料面や福利厚生もよかったので、やりがいがあってお給料も上がり楽しく働いています。"

20代(女性)東京都武蔵野市在住 | 転職職種>> 事務職→WEBデザイナー

"転職理由を一言で: やりたいことを仕事にするため

転職後の年収変化は?: 何ともいえない

私は前からモノを創ることに興味があり、いつかそれを仕事にしたいと思っていました。職業を探していたところWEBデザイナーという単語に惹かれて、やりたいことを仕事にするために転職を決意しました。
しかしWEBの知識においては全くの未経験だったので私は一年間WEBデザインのスクールに通いました。そこで技術やデザインの勉強をしました。
転職活動の際は自分でつくったサイトをいくつか用意して、面接に備えました。WEB関係の求人はほとんど経験??年以上と記載があります。しかしそれでも私はそういう記載がある制作会社などにアタックをし続けてなんとか一社内定をいただけました。
WEBの世界へ転職したいけど未経験だ、というような人はたくさんいると思いますが、WEB業界は今かなりの人出不足です。ぜひ諦めないで勉強をして自分がやりたいことに臨むべきだと思います。"

30代(女性)愛知県在住 | 転職職種>> 介護職→一般事務

"転職理由を一言で: 自分の知識を深めるため

転職後の年収変化は?: 下がった

福祉業界の仕事に従事していました。仕事はとてもやりがいがあり大好きな仕事でした。しかし、会社員としての勤務経験がなく他の友人と話が合わないことに悩みを抱えていました。さらに、仕事をする中で相談業務があり自分の知識の狭さを痛感し、井の中の蛙のような状態でした。さらに、自分が本当にこの仕事に向いているのか悩む時期もありました。そのため、自分の本当にやりたい仕事を見極めるため、さらに、自身の経験の幅や見識を広げることを目標に全く違う業種に転職をしました。転職をした結果、本当に自分がやりたい職種。向いている職種を明確にすることができました。さらに、全く今までと違う業種の仕事を経験したことにより知識や常識の幅を広げることができ、転職したことに後悔はなく満足しています。"

30代(女性)岐阜県在住 | 転職職種>> 事務職→介護職

"転職理由を一言で: 自分の適性が明確になったので。

転職後の年収変化は?: 何ともいえない

長年介護職(公務員)の仕事をしていました。仕事はやりがいがありましたが、本当に自分に向いているのか考えるようになりました。さらに公務員ということもあり、友人と考え方や価値観に違いがあることに戸惑いを感じることもあり、もっと違う世界を見て自分の見識を広げたいと思い一般事務職に転職しました。最初は価値観の違いや仕事の進め方に公務員と一般企業では大きく違うことに戸惑いを感じましたが、とても良い経験をすることができました。なにより、一般職に転職したことでやはり自分には元の職種が一番向いていると再確認できたのが良かったと感じています。一般事務職に一度は転職し元の職種に再転職することは簡単ではありませんでしたが、再転職後はより自分のスキルに磨きがかかりより良いサービスを提供できるようになっており、別の世界を経験したことはとても良かったと感じています。"

40代(女)沖縄県在住 | 転職職種>> OL→美容師

"転職理由を一言で: 一生の仕事と考えた時。

転職後の年収変化は?: 上がった

初めての就職は 安定した会社の一般社員でした。高校を卒業してすぐに就職をして 休みも給料も不満はなかったのですが、ずっと憧れていた美容師を諦めきれず転職しました。その道は険しいものでした。OLをしていた頃より給料は安く 休みも少なく 1日の大半を仕事で潰れるし 思い描いてた世界とは別の物でしたが、頑張りと努力は自分のスキルとなり 大変な中にもやり甲斐を見つけ 尊敬する先輩に技術を学び 少しずつ前に進んだ感じです。自分でやりたいと目指した道だったのでやれたのだと思います。
今では 自分の店を持ち経営者として
スタッフを雇う立場になりました。

何度も道に迷う事があるけれど、
自分の人生は自分で決めて 後悔しないように前に進むべきだと思います。"

40代(女)新潟県在住 | 転職職種>> 一般事務

"転職理由を一言で: 就業条件

転職後の年収変化は?: 上がった

私は最初に勤めた会社の福利厚生などの就業条件が良くなくて、それを主な理由に転職を決意しました。
地元の中小企業だったということもあり、世間一般的にはあまり良くない就業条件でも何となく仕事をしている人も多かったようです。

私は将来のことを考えた時に、いつまでも給与が安く、有給休暇も取得できないような職場で働くのに不安を感じていました。
もし、自分のスキルを上げて、もっと福利厚生などの条件が良い仕事につけるのならば、頑張って勉強しようと考えていました。

次の仕事が決まるまでには少し時間がかかってしまいましたが、大手企業に転職することができました。
完全週休二日制で有給も全て消化することができるようになりました。

事務のスキルも上げて、より充実した毎日を送ることができるようになりました。

20代(男)愛知在住 | 転職職種>> 小売業→広告営業

"転職理由を一言で: 思い切った転職でスキル、年収アップ

転職後の年収変化は?: 上がった

最近、ゆとり世代がすぐ転職をすることに問題視されていますが、逆にメリットも多いように思います。私自身が約1年半の短い機関での転職を決意してやりましたが、小売で販売職としてやっていた時はいつ終わるかも、役に立つかもわからない単純作業ばかりで3年も続けていたら時間の無駄だと思って、これから使える営業やウェブ媒体の勉強をしながら、給料を貰える広告業界の転職を決めました。営業は初経験で転職自体も大変でしたが、今同じ1年半ほど勤務して、以前よりスキルアップもでき、給料も1.5倍ほどいただける環境なので満足しています。
転職のきっかけがマイナスな要因で次にやりたい仕事でプラスになればいいと思ったのが、転職をして感じたことです。"