<<みんなの転職体験談給与UPに成功| 皆が羨む給与UPの秘訣を教えて下さい
を掲載します>>

30代(女性)兵庫県神戸市在住 | 転職職種>> 車販売営業事務→製造業経理事務へ

"転職理由を一言で: 給与UP

転職後の年収変化は?: 上がった

私は車販売業の営業事務をしていました。事務とはいえ半分営業、そして事務の他洗濯や掃除などの雑務もこなしていました。週に1回の休みでお給料はみんなが驚くほど低いものでした。正社員でしたが、フルタイムで勤務したアルバイトのお給料とたいして変わらないものだったので給与UPの為転職を決意しました。
平日の休みは一切取れなかったので、インターネットの求人サイトで仕事を探しつつ、資格を取る為休日返上で勉強しました。就活に有利なようにパソコンや簿記などとれる資格はとっておきました。その為転職活動には1年半ほどの時間を費やしました。資格を取得し、やっと本格的に面接などを受け始め1件の大手企業の経理事務の採用されました。
採用後、給与は毎月平均3万から4万ほどアップし、今までボーナスは寸志たらずだったのが1回のボーナスで給与2か月分もらえるようになり本当に金銭的にも余裕ができ大成功の転職だったと思います。
キャリアアップの転職を考えているのであればまずは自分に有利な資格をたくさんとっておくと後々非常に楽になると身に染みて感じました。"

30代(男性)山口⇒神奈川県在住 | 転職職種>> 海運会社 ⇒ 貿易システム会社

"転職理由を一言で: 福利厚生の充実、有給取得率UP、年収UP

転職後の年収変化は?: 上がった

地方の会社に勤めていました。昔ながらの考えの方が多く、有給取得は厳しく連休がほとんどとれませんでした、仕事も見て覚えないとついていけないような会社でした。本社が東京の会社に転職しましたが、現在の会社は有給がとりやすく10連休して海外旅行に行くことができました。給与にについても、宿舎費の支給があったり、残業代がきちんと支給されたり、昇給もしていますので充実しています。また、女性の働き方についても地方と中央の会社にかなりのギャップを感じました。転職前の会社は結婚すると女性職員はほとんどが退職していましたが、現在の会社においては育児休暇を取得して職場復帰し、短時間勤務や有給休暇を利用しながら子育てと仕事を両立しています。前職であればあ考えらないワークスタイルです。前職に今戻りたいかと聞かれても戻らないと答えるとおももいます。"

30代(男性)山梨県在住 | 転職職種>> ルート営業 → ルート営業

"転職理由を一言で: 年収UPとスキルUP

転職後の年収変化は?: 上がった

もともと新卒から入社した自動車部品会社で営業を12年間やっておりましたが、業績悪化のため、投資が凍結され、新規受注活動ができなくなり、従業員の給与カットも始まったため、転職を決意しました。1ヶ月の転職活動を経て、同業界の外資系企業に転職しました。およそ150万円の年収UPを果たし、現在は、アメリカ本社の上司や関連部署を相手に英語で仕事をする日々を送っています。

私の場合、年収UPを果たすことができましたが、大きな要因としては、転職エージェントとの面談を含め、自己分析の機会を多くもったことで、自身の商品価値をしっかり見極めたことです。私の場合、過去、挑戦してきたこととその成果、培われた考え方を具体的にし、そして、どのように貢献できるのかをクリアにしました。そして、職務経歴書へ、その内容を前面に押し出して記載し、面接当日もしっかりとその点をアピールしました。

私の場合、複数社から内定をもらい、転職エージェントの力を借りて、条件調整をしてもらい、内定時点から年収上乗せしてくれた会社もありましたので、同時期に多くの会社から内定がもらえると、年収UP交渉がしやすいと思います。

みなさんの転職活動がうまくいくことをお祈りしております!頑張ってください!"

20代(男性)三重県在住 | 転職職種>> 販売員?営業職

"転職理由を一言で: 年収UPを図る為

転職後の年収変化は?: 上がった

元々アパレルの販売員をしておりました。洋服好きという理由のみで入社をしましたが、接客業は薄給というイメージはまさにイメージ通りでした。入社当初は、給料以外の仕事のやりがい、お客様や会社に貢献したいという熱い気持ちがありましたが、次第に現実が見えるようになってきました。一人暮らしで生活していく為には、やりがいを求めるだけでは生活がより厳しくなる一方の為、将来の危険を感じ歩合制度を採用している企業に転職を決意しました。転職は無事成功し、現在は営業職で歩合給が毎月支給される企業に勤めています。求人サイトの広告には良いことしか書いておらず実際は違う、といった意見もありますが、私の場合は広告通りで契約数に応じて歩合給が平等に支給される為とても満足しています。しかし今の生活に満足している方にとっては歩合制度の会社は過酷かもしれません。販売員時代より何倍も過酷で定時に上がれることはありません。それでも給料をUPしたいという方は覚悟を決めなければやっていけません。私の場合は、将来に危機感を感じた為覚悟を決めて給料UPが見込める会社に飛び込みましたが、安易な気持ちで入社すると逆に辛いだけなので、給料をさらにUPしたいのであれば、とにかく腹をくくって覚悟を決める必要があります。"

30代(男性)香川県在住 | 転職職種>> 営業⇒営業

"転職理由を一言で: 収入アップ

転職後の年収変化は?: 上がった

私は元々、個人向けに通信関係の営業をしていました。近年は市場規模が拡大が見込めないということで、売上の大幅な伸びは期待できないと感じていましたので、今後のキャリアと給与を上げたいと考え転職を決意しました。30代で異業種にチャレンジして給与が上がるのは難しいため、業界は通信関係に絞りました。そして、個人向けの営業ではなく法人向けの営業をした方が市場の拡大と売上の伸びが期待できると考えて、法人向けの営業に絞って就職活動をしました。興味のある分野で新着の求人情報が出たらすぐに詳細を確認して、インターネットを通じて会社のことを調べていました。自分が納得できる条件で、将来のキャリアアップにつながると感じた企業には積極的に履歴書を送るようにしました。行動力が良かったのか、あまり苦労をせずに転職できました。"

30代(男)愛知県在住 | 転職職種>> 和菓子職人→ウェブ制作ディレクター

"転職理由を一言で: 年収UP

転職後の年収変化は?: 上がった

和菓子職人で働いていましたが、人生設計を組む上で給与面での待遇が厳しく、業界内での給与も希望通りのものとは言えないため、ウェブ制作ディレクターへ転職しました。和菓子職人になる以前に広告代理店でマーケティングディレクターをやっていたため、自らの経験を活かす仕事を職にするためにウェブ制作ディレクターへ転身しました。異業種からの転職のため書類選考で落ちることが多くなりがちでした。そこで、書類選考で落とされないように他応募者と差別化するため、応募は郵便で行うことにしました。求人の検索は転職サイトで行い、応募をウェブからではなく、自己PR書を添えて郵便で送ることで、書類選考の合格率はグッと上げることができました。"

30代(女)東京都内在住 | 転職職種>> 翻訳事務 ⇒ 営業・企画

"転職理由を一言で: 年収アップ

転職後の年収変化は?: 上がった

ちょうど当時働いていた会社の契約期間が終了するのと、これまでの経験を活かし自分がどこまで挑戦できるかトライしてみたく転職活動をしました。運良く未経験でも雇用してくださる会社の内定がもらえ現在も働いています。年収がアップしたのは、これまでよりも自分に自信をもち、私にもできると信じて自分の未経験分野にとびこみ努力してきたからだと思っています。今までだったら、興味はあるけどきっと無理だろう、と思っていた会社に思い切って応募していきました。何度も落ちましたがそれでもなんとかなる、と言い聞かせ最後まであきらめませんでした。入社後もけして怠慢になることなくしっかり業務を覚えていったので今があると思っています。"

30代(女)秋田県在住 | 転職職種>> ホテルフロント→塾講師

"転職理由を一言で: 年収アップ。

転職後の年収変化は?: 上がった

ホテルフロントの仕事をしていましたが、塾講師の求人を見つけて元々教職免許も持っていたということもあり転職活動をし、無事に転職することができました。
ホテルフロントの仕事より給料が大幅にアップしましたが、能力給制度でそれなりに生徒勧誘のノルマ等もあり仕事内容もかなり多くなりました。
休日や福利厚生がしっかりしていたのと、子供達の勉強が分かったときの嬉しそうな顔を見ていると、とてもやりがいを感じました。子供達から「先生!」と呼ばれることもすごく嬉しかったです。
子供が好きなので、子供に関わる仕事に転職できて給料もアップし一石二鳥です。やりたい事を仕事にしたいと思っているのであれば、転職活動はぜひお勧めしたいと思っています。

20代(女)神奈川県在住 | 転職職種>> 保育士→保育士

"転職理由を一言で: 年収をあげたかったから。

転職後の年収変化は?: 上がった

私はもともと子どもとかかわる仕事に就きたいと思っており、やりたい仕事ができればどんな年収でも構わないと思っていました。
そして始めたのが前の職場でした。
確かに仕事は理想通りで毎日とても楽しかったです。
しかししばらくすると、将来を考える恋人ができました。
そのため、お金が必要になってきたのです。
そこで転職することを心に決めて転職しました。
今まではなかったボーナスをもらえるようになり、年収は大幅にUPしました。
元々私は節約が得意なので、普通の人よりもかなりの貯金になりました。
また、年収がアップしたのにもかかわらず、仕事は前よりも楽しくなりました。
朝から晩までシフト制でみっちり働きますが、苦に思う瞬間がなく、こんなに楽しくてお金をもらって良いのかと思う程です。
収入面でも仕事面でもパーフェクトな職場はあるものなのだと思いました。"

20代(女)京都府在住 | 転職職種>> Macデザイナー⇒営業事務

"転職理由を一言で: 体調不良

転職後の年収変化は?: 何ともいえない

容器製造ディーラーで化粧品容器やカタログなどのデザイナーをしていましたが、薄給のうえ毎月50時間を超える残業(時間外手当なし)や持ち帰りの仕事が多く体調を壊してしまい、もう少し早く終われて人並みの給与の仕事を中心に探しました。デザイン系をメインにして探すと同じ結果になりそうだったので、あえて住宅メーカーの営業事務に転職しました。最初は慣れない業務内容に苦労することも多かったですが、デザイン仕事に比べてルーチン業務が多かったので、慣れてしまうと定時に上がれるようになり精神的にも安定しました。デザインができることで社内でも重宝され、チラシ作りやPOPのデザインもするようになってからは給与も次第に上がっていきました。私の場合は、デザインはオプションとして転職活動したことが、結果給与アップにつながったと思います。"